最強の頭脳集団 当社予想陣

新聞やマスコミに公表されない情報を入手する事は、今やそれほど困難な事ではないかも知れませんが、どんなにいい情報が多くあったとしても、それを【利益の出る買い目】に変換させる頭脳がなければただの「宝の持ち腐れ」。競馬で勝つために重要な事は「情報があること」だけではなく、「それを的中や回収という最終目的へ導く術があるかないか」ということです。

当社予想陣は、誰もが知っている有名な予想家や専門紙の本紙担当者など実力・経験・知識が豊富な自他ともに認める最強の布陣です。最強の予想陣が、“正確な情報”に基づいて予想をするからこそ、良く当たるのです。

看板予想家紹介

  • 能勢俊介
  • 東信二
  • N記者
  • 堀内泰夫
  • 米原聡
  • 佐々木利光
  • 阿部一俊
  • 高村賢一
  • 内藤一雄

能勢俊介

“競馬の神様”故・大川慶次郎氏の唯一の後継者。20代でケイシュウニュースの看板評論家となり、33歳で当時としては業界最年少で本紙予想を担当。その後はグリーンチャンネルの解説者として『結果分析』を担当するなど、その情報分析力・予想力には業界の誰もが“現役最強”と舌を巻き、ラジオNIKKEIの解説や、東スポにコラムを執筆などマスコミ各社で活躍。専門紙や日刊紙からの契約依頼は後を絶たない。

もちろん、会員様からも絶大な信頼を受けており、『毎年、毎回、負け知らず』の東京・京都開催で14連勝を達成したのは、今も語りぐさ。1開催負けなし、4連勝や5連勝は日常茶飯事。この男の予想に乗っていればまず負けない。

東信二

騎手時代の通算成績は重賞21勝を含む512勝。有馬記念、皐月賞、菊花賞、安田記念など、数々のビッグタイトルを獲得している。競馬界に広く張り巡らされた情報網は、まさに当社の宝。特に、後輩騎手からの“大ヤリ勝負話”は必見で、会員様の中には「この情報の為に入会する」という方が多数。

また、実際に騎乗していた者にしか分らない騎手の心理や駆け引きから、素人には絶対獲れない穴馬券を量産することも多々。「馬5人5」と言われるほど、騎手の腕のウェイトが大きくなっている現代競馬では、ジョッキーの本音を知ることが、限りなく競馬を『絶対』に近づける最良手段

N記者

馬券理論や、関係者との強固なパイプなどを持っているだけでなく、"ココ一番"での勝負強さも兼ね備えており、彼の買い目に"丸乗り"して大儲けした会員様は数知れず。当社予想陣の中でも『会員様支持率ダントツNo.1』に君臨。

年間数千万~億にものぼる利益を叩き出せる程の圧倒的実績を持つ者が襲名する名が【N記者】。その栄誉は、広い競馬サークル内にも知れ渡っており、関係者であれば誰もがこの名に敬意を表すと言われているほど。

超の付く研究熱心な理論派で、ダート戦においては当社予想陣の誰も比肩出来る者がいない。自ら編み出した『予想道覚悟』は、多くの記者やTMが教本として利用している。

また、N記者が大勝負を打つ、【命懸け大勝負】は、一撃で帯封獲得者が続出するのが恒例と言われる程の大勝負。そして、己の信念を曲げず終始一貫して徹する姿は、まさに本物の勝負師。この男に任せておけば、その全てが間違いない!!

堀内泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。今も美浦トレセンに通いハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

そんな慎重派の堀内泰夫が「ここまで好条件が揃えば、特大万馬券が狙って獲れる」と超異例の大勝負をする際の精度の高さは、広く世に知れわたっている。

米原聡

関西記者クラブのドンと呼ばれ、大阪スポーツでは本紙予想を担当。その期間はなんと37年間。それだけの長期間、その新聞にとって最も重要といえる『本紙予想』を担当するのだから、その実力がどれだけのものかは、容易に想像できる筈。関西競馬界で“ヨネさん”の名を知らない人間はいない。当社では、自身も有力関係者に聞き込みを専門に行う傍ら、膨大な当社関西圏の情報班を統括する。

「お世話になっている人に馬券で儲けて貰おう」という風習が色濃く残る関西厩舎関係者は、ヤリ・ヤラズがハッキリとしており、それらを完全掌握する事は馬券作戦に欠かせない。『関西馬情報を制する者だけが馬券を制する』と公言してはばからない米原聡が、関係者より独占入手する情報で馬券を嵌められるのは当社と当社の会員様だけ。

佐々木利光

ダートの鬼にして稀代の勝負師[N記者]が最も信頼を寄せている実力者。 時計や対戦比較を重点に置いた本物の予想力は競馬サークル内でも高く評価されており、アノ大物馬主や現役の記者・TMに馬券指南する事もしばしば。

業界の誰もが“最強”と認める当社予想陣の中にあって、年間の万券獲得本数は№1。万券ハンターの異名を持ち、会員様から「佐々木利光の予想だけ取得できるコースを作って欲しい」との声が挙がっているほど

また、弥永明郎を中心とする調教班や、堀内泰夫や東信二を中心とする情報班とも密に連絡を取り、それらの情報を能勢俊介や高村賢一、N記者らの分析班に報告するといった重要な役割を担っている。 ある意味「ホースメン会議の予想が当たるも外れるも、この男の双肩に掛かっている」と言って過言でない。

阿部一俊

ダービーニュース所属時には、大人気コラム『勝利への指針』を担当し、中央競馬実況中継の名解説者としても名を馳せる。専門紙時代に、回収重視の“攻撃予想”を徹底的に叩き込まれ、今もそのスタイルは変わらない。

中央競馬に拠点を置く大多数の馬主と強力なコネクションを有す事から“所有馬で馬券勝負”をする馬主より『相手関係の調査』や『他の馬主との交渉』等の依頼を度々、持ちかけられるなど、 競馬人として37年間培った人脈は業界でも一目置かれる程。この長年の競馬人生で築き上げた生産界や大物馬主との太いパイプは、まさに裏情報の宝庫。

また関係者も“業界No.1の穴男”と呼ぶほどで「穴を獲らせたら阿部の右に出る者はいない」と言われている。世間一般にはほとんど公表されない裏情報からの独占スクープが出たら『迷わず大勝負』が鉄則。

高村賢一

日刊スポーツ主催の予想コンテストで頭角を現し、一躍マスコミの寵児に。以後も圧倒的な的中率とともにキャリアアップしてきた。ワンチャンスをものにする勝負強さ、馬の将来性を見抜く感覚は天性のもの。現在も多数の人気コラムを連載中で、人気・実力とも関西№1の呼び声が高い。

「レース結果にこそ馬の全てが集約されている。馬柱を見る時間があったら1つでも多くのレースVTRを見ろ。その方が100倍予想が上手くなる」が彼の口癖。出走馬の過去のレースを繰り返し見る事によって、リアルタイムでは気付かなかった各馬の勝因や敗因を徹底的に分析し、必然の高配当を量産。

「高村が3連複(3連単)2頭軸で勝負に出た時は、有り金全額勝負せよ」は、関係者の間では“常識”となっている

内藤一雄

獣医師の免許を取得した後、父である内藤潔厩舎の調教助手となる。今でこそ獣医師の資格を持つ調教師は珍しくないが、1977年の開業当時は、医学的に馬を看ることができた調教師の数は少なく、調教師会きっての理論派として知られた存在。

調教師間でも一目置かれていたため、日本調教師会・労務担当関東本部のトップを務め、在任期間は20年以上。春闘などで厩務員や助手などと、調教師会の調整をする立場を長年にわたって続けてきたのも誠実な人柄があったからこそ。調教師会の役員という立場もあって、関西の関係者とも深い付き合いがあり、そえの人脈は多岐にわたる。

現役当時を知る関係者も「自厩舎の馬でも他厩舎でも、調教へ向かう時に厩舎から出た一歩目を見て好不調を言い当てたほど」という相馬眼の持ち主だが、一般のマスコミに対しては意図して強気なコメントを殆ど発しなかったため、勝負馬が超大穴を開けることも多々。

中でも07年のNHKマイルCで、18番人気(単勝136.6倍)ながらJRAのGI史上3番目の高配当973万9870円を演出したムラマサノヨートーについては「あまりにも具合が良くて、予定が合わないと言っていたオーナーに"勝つまであるので競馬場に来て下さい"と言ったくらい」という話を当社も入手。調教師時代から人気薄の勝負馬を仕上げる手段に長けた人物だけに、ホースメン会議に与える影響は計り知れない。

その他の当社予想体制

【分析班】

創業以来蓄積された38年分の膨大なデータから、各コース毎の傾向や馬場分析、レースレベルの判定といった予想上欠かすことのできない様々なデータ分析を専門に行う。彼らは「競馬は見た目の印象に左右されやすいが、それは必ずしも正しい評価に繋がらない。数字で裏付けを取ってこそ初めて正しい評価になる。数字には偽装はなく、最も頼れるのはデータ。データ分析で得られた結論こそが最も信用すべきもの。分析に誤りがなければ的中も必然!」と豪語する。

【情報班】

出走各馬の情報を全てキャッチするのは勿論、外部に漏らされる事のない“金になる”インサイダー情報を一つでも多く入手するのが情報班。当社の情報網は業界随一の規模を誇り、東西トレセンに数千人単位の人員を配置している。「人気でも一銭もイラナイ」という“危険な人気馬情報”や、「馬主の来場に合わせてここまで待機させた」という確勝級の“大ヤリ話”などはほんの一例。競馬界に蠢く様々な馬券に直結する裏話で、一般の競馬ファンや一介の情報会社ではとても取り切れない大穴的中を連発する。

【投資班】

競馬は『利益を得る事が最終目的』の基本的考えのもと、リスクとリターンを徹底追及しているのが投資班。自らで損益分岐のオッズを算出し、実力に比例しないオッズのレースには見向きもせず、期待値の高いレース(配当妙味のあるレース)は決して見逃さない。更に、様々な投資法を日々研究し開発を行っているのがこの投資班。当社の送り出す企画では、数々の帯封獲得の実績があるが、それこそ彼らの生み出す投資法が最高の利殖術であることを証明している。

PAGE TOP